病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
個人情報保護方針
契約情報公開
情報公開
診療実績・臨床指標
バリアフリー情報
病院総合医育成プログラム

外科

│ スタッフ体制 │ 特色 │ 各分野の特徴 │ 診療実績 │ 認定情報 │ 診療担当日時

スタッフ体制

森本 章生 院長 、佐々木 淳 部長、武内 裕 部長、白坂 美哲医員、天野 翔太医員、秦 良平 総合診療科部長の計6名


特色

当院外科では、消化器疾患(胃・大腸・胆嚢胆道・膵臓・肝臓・脾臓)・乳腺疾患(乳癌など)・鼠径ヘルニア(成人・小 児)・肛門疾患(痔など)などの診療および手術を行っています。また美容上の利点を考え、できるだけ手術創を小さくしたり術後の創の痛みを軽くするため、 腹腔鏡を駆使した手術も多数行っております。

夜間・休日の緊急手術に対しても、スタッフを揃え、いつでも対応できるようにしています。


各分野の特徴

◆消化器疾患

悪性疾患に対する手術が多く、各学会の推奨するガイドラインに基づいた治療を行っています。胃・大腸・胆嚢胆道・脾臓の疾患に対する腹腔鏡を用いた手術も積極的に取り入れ行っています。その他、消化器癌に対する化学療法・放射線療法も行っています。

◆乳腺疾患

乳癌に対する診断・治療が主体です。乳癌に対する診断、その後の手術療法・内分泌療法・化学療法・放射線療法など適応を考慮し行っています。手術は、胸筋温存手術・乳房温存手術がほとんどです。

◆鼠径ヘルニア

一般的に“脱腸”と言われている疾患です。大人の鼠径ヘルニアに対しては、従来の腰椎麻酔による手術と近年開発された腹腔鏡を用いた全身麻酔下の手術を行っており、御希望の方法を選択できます。小児鼠径ヘルニアは全身麻酔下の手術ですが、当日入院・翌日退院が可能です。

◆肛門疾患

レーザーメスを用いた内外痔核手術や、痔瘻の手術を行っています。


認定情報

日本外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医が常勤
PageTop