病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
個人情報保護方針
契約情報公開
情報公開
診療実績・臨床指標
バリアフリー情報

放射線科

放射線科

スタッフ体制特色診療実績診療担当日時

スタッフ体制

詫摩 真久 部長

特色

「放射線科」という診療科は新しい科で、何をしているのかご存知ない方もいるかと思います。身体の中を画像として観察し病気の診断をするという、現在「画像診断」と言われている方法が、放射線を使って行なわれ始めた事から、画像診断を専門に行なう診療科を「放射線科」と呼んでいます。では、放射線科は放射線だけを使って画像診断だけを行なっているのかと言えば、そうではありません。身体の中を見る方法は放射線以外に磁場(磁石)を利用したMRI、音波を利用した超音波検査など多種多様な方法が開発されてきています。これらを駆使して、放射線科ではありとあらゆる画像診断を行なっています。また放射線を使って、と一口に言っても、レントゲン写真(単純X線写真)や透視検査(身体を放射線で透かして見る)、血管造影検査、そして画像診断の主役であるCT検査と、放射線を使う検査も多種多様となっています。これら色んな観察の方法を用いて、人体のすべての領域について病気の画像診断を行なうのが放射線科です。また、放射線科は、画像診断だけを行なっている訳ではありません。みなさんご存知の「放射線治療」を行なうのも放射線科です。現在では、切らずに機能を保ったまま癌(やその他の病気)を治す事の出来る治療法として、多くの領域で行なわれています。また、放射線治療を外科治療や薬物治療と併せて行なう事により、それぞれ単独で行なう時の治療効果以上の効果をあげる事が出来るようになっています。そして現在では、「画像診断」、「放射線治療」と並び放射線科の大切な診療の1つに、カテーテルという細いチューブを用いての血管内治療や、血管以外の臓器・組織を針やカテーテルで治療する「IVR(Interventional radiology = 的確な日本語がなく、画像診断の方法を用いて治療するというような意味です)」があります。肝臓癌などの癌や、動脈瘤、出血、狭くなった血管、血管奇形などを血管の中から治療したり、癌や体内の膿、胆管閉塞などを体外から針やカテーテルを使って治療します。
南海医療センターでは放射線科医が、前述した「画像診断」、「放射線治療」、「IVR」のすべての診療を行なってきています。県南地区では、唯一ほぼすべての画像診断、放射線治療、IVRが可能な診療施設であり、地域の画像診断・IVRセンター、放射線治療センターとしての役割を果たしています。院内はもとより、地区の医院、病院、診療所からの多くの画像診断依頼や治療依頼を受け、県南地区の医療水準の維持・向上に努めてきました。更に、今後は、県南地区のどこに居住していようが安心して質の高い医療を受けられるように、遠隔画像診断システムを構築し、地域間、施設間での格差のない画像診断が可能となるように画像情報センターとしても地域の皆様のお役に立てればと考えています。
PageTop