病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
個人情報保護方針
契約情報公開
情報公開
診療実績・臨床指標
バリアフリー情報

消化器科

スタッフ体制特色各分野の特徴診療担当日時

スタッフ体制

橋永 正彦 部長、得丸 智子医員の計2名


特色

多種多様な消化器疾患(主に食道・胃・小腸・大腸・肝臓・胆のう・膵臓に関連した病気)に対し3名の常勤医師で診療に当たっています。特に内視鏡による検査・治療は通常の診療時間帯(月~金)のみならず、緊急を要する疾患に対しては24時間体制で対応しています。


各分野の特徴

●消化管(食道・胃・十二指腸~小腸・大腸)疾患
消化管の検査は主に内視鏡を使って行います。内視鏡は従来の上部用(胃カメラ)と下部用(大腸カメラ)だけでなく、鼻からの挿入も可能な経鼻(細径)内視鏡や、全ての腸の撮影が行えるカプセル内視鏡による検査も行っています。
カプセル内視鏡
①出血
緊急の吐血・下血に対しては24時間体制で緊急内視鏡検査を行い、止血治療を行っています。出血の主な原因である胃・十二指腸潰瘍の発症にはヘリコバクター・ピロリ菌の感染が関係しているため、内服による除菌治療も行っています。
胃潰瘍 ピロリ菌
②早期癌・ポリープ
以前は手術でしか治療しえなかった胃癌・大腸癌ですが、近年の内視鏡の技術革新により、早期のものであれば内視鏡による粘膜切除(EMR)や切開剥離(ESD)による治療が可能になっています。小さいものは一泊二日の入院で治療ができ、体への負担も少ないことが最大の利点です。
早期胃癌に対するESD治療。周囲に目印をつけた後、周囲を切開し剥がしていきます。
大腸ポリープの切除(EMR)。一泊の入院で治療できます。
③炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)
特定疾患である潰瘍性大腸炎・クローン病に対しては内服治療を中心に、白血球除去療法や抗TNF-α療法を積極的に導入し、在宅栄養管理とともに寛解維持に役立てています。

●肝胆膵疾患
①肝疾患(B型・C型肝炎、肝硬変、肝癌)
慢性肝疾患の代表的なものとしてB型肝炎・C型肝炎が挙げられます。肝炎が疑われる場合はウイルス量・ウイルス型・抗体測定等の各種検査を行い、最も効果のあると思われる抗ウイルス薬(ラミブジン・アデホビル・リバビリン等)とインターフェロンの併用療法を行っています。

※治療は自治体による助成も受けられます。詳しくは下記ホームページをご覧下さい。

http://www.pref.oita.jp/soshiki/12200/kanentiryo.html
また、肝硬変を含む慢性肝疾患に対しては、定期的な血液検査・超音波・CTによる検査を行い、肝癌の早期発見に努めています。
肝癌が見つかった場合は、肝臓を栄養する血管から抗癌剤を注入する肝動注療法・塞栓術(TACE)や、癌を高温で焼灼するラジオ波焼灼療法(RFA)を行っています。
CTで発見された肝癌         肝臓を栄養する血管から抗癌剤を注入(TACE)
②膵・胆道疾患(膵炎・胆石症・各種癌)
膵・胆道系の炎症は前ぶれなく急に発症し重症化しやすいため、迅速な診断治療が必要です。当院では超音波・CT等の検査を迅速に行い、必要に応じて内視鏡を使った胆管・膵管造営検査(ERCP)を行っています。
胆嚢内にある結石(CT)           総胆管結石(ERCP)
PageTop